ワインの選び方・楽しみ方 > ワインを使ったカクテル

ワインを使ったカクテル

基本的にワインはそのままを楽しむお酒ですが、時には気分を変えてワインを使ったカクテルなどでいつもと違った楽しみ方をしてみるのはどうでしょうか。
仲間が集まるパーティーを華やかに盛り上げ、ちょっとお酒は苦手という友人にもおいしく飲んでもらえることでしょう。
ここではワインを使って家庭でも簡単にできるカクテルをいくつか紹介したいと思います。

●キール
グラスにクレーム・ド・カシスとよく冷やした白ワインを6:1の割合で注ぎ、軽く混ぜます。
白ワインをシャンパンに変えると、キール・ロワイヤルになります。
●スプリッツァー
グラスによく冷やした白ワインとソーダを1:1の割合で注ぎます。
アルコール度も低く、シュワッとはじける軽いヘルシーカクテルです。
●ベリーニ
グラスにグレナデンシロップをティースプーンに半分とピーチネクターを入れて軽く混ぜ、そこへピーチネクターの3倍量のスプマンテをよく冷やして注ぎます。
淡い桃色が華やかで、お祝いの場面でもぴったりの甘いカクテルです。
ピーチネクターの代わりに生の桃をミキサーにかけて使ってもよりフルーティーです。
●ブラックベルベット
よく冷やしたシャンパンと黒ビールを同量ずつ同時にグラスに注ぎます。
きめ細かな泡がクリーミーな喉越しを作ります。
●サングリア
赤ワインにオレンジやレモン、リンゴなどのフルーツ、シナモンやナツメグなどのスパイスなどを入れ、2~3日寝かせます。
何を入れるという決まりはないので、好みに応じて自由に楽しむことができます。
●ミモザ
シャンパンとオレンジジュースを2:1の割合でグラスに注ぎます。
明るいオレンジ色がパッと目を引き、飲みやすいカクテルです。