ワインの選び方・楽しみ方 > ワインの味のバランス

ワインの味のバランス

人間の舌は、物が触れる位置によって感じる味が違うことはご存知ですか?
「そんなの知っている」という人が多いと思いますが、今一度確認のために、舌の先端で甘みを、側面では酸味を、舌の奥では苦味を感じます。
そのため、ワインの複雑な味をくまなく感じるためには、舌の隅々までワインを行き渡らせて全体で味わうことが大切です。

ワインの味について評価するときに「バランスの良い」と表現されることもありますが、このバランスとは甘み、酸味、渋み・苦味、アルコール度の4つの要素のバランスを言います。
まず甘みですが、ぶどうの糖分を残して発酵を止めれば甘口のワインになります。
糖分をすべて発酵させてしまった場合は辛いワインになります。
一般的に赤ワインではあまり甘みを感じられません。
次に酸味ですが、ワインに含まれるクエン酸やリンゴ酸、酒石酸、コハク酸の味が酸味となって現われます。
白ワインでこの酸味が強く感じられるほか、寒い地方で造られたワインほど酸味が強くなる傾向があるようです。

渋み・苦味はぶどうの果皮や種子に含まれているタンニンによるものです。
ワインも若いうちはタンニンによる渋みを強く感じますが、上手く熟成されたものは味がマイルドになります。
この渋みや苦味は赤ワインの味の重要な要素になります。
最後にアルコール度ですが、アルコール度自体はワインの質を決めるものではありません。
しかしアルコール度が高いほどコクが感じられ、甘みも感じられるようになります。

これらの甘み、酸味、渋み、苦味、アルコール度、それぞれの要素に分けてワインの味を感じることで、そのワインの特徴が見えてきます。
バランスのとれたワインというのはこれらのバランスが上手く保たれている状態を言い、酸味が強すぎたり渋みが主張しすぎたりしたワインはバランスの良くないワインと評価されます。