シャルドネ

白ワインを代表するぶどうの品種と言えば、シャルドネです。
フランスのブルゴーニュ地方、シャンパーニュ地方だけでなく、カリフォルニアやオーストラリアなど世界各国で栽培され人気の品種となっています。

シャルドネの実は小粒で、黄緑色から琥珀色をしていますが、ワインになるとその色は無色から黄金色まで造り方によってさまざまに変化します。
味わいも酸味の爽やかに感じられるものからコクのあるものまで様々です。
香りはりんごや、バニラのような香りもあると言われ、樽熟成を行なうことでより豊かな風味に仕上がります。
このようにシャルドネが色や味、香りにおいてバラエティに富んだワインとなるのは、この品種の持つ性格によります。
シャルドネは果実味がそれほど強くなく、個性を主張し過ぎないタイプの品種なので、産地や造り手の個性がワインの味に反映されやすいのです。
また樽熟成を行なうことでオークの香りが加わり、より複雑な風味に仕上がります。

シャルドネは樽熟成によって風味豊かなワインに仕上がるのですが、最近ではステンレスのタンクで熟成されたワインも人気が上がってきているようです。
ステンレスタンクで熟成されたものは樽熟成に比べ、フレッシュでトロピカルフルーツのような爽やかさがある、という点が人気の要因となっています。

しかしなんと言ってもシャルドネを原料としたワインでもっとも有名なのはシャブリでしょう。
シャブリはシャルドネの酸味が伝わる秀逸の辛口白ワインです。