ワインの選び方・楽しみ方 > カベルネ・ソーヴィニヨン

カベルネ・ソーヴィニヨン

ワインにはまるきっかけとなったのが赤ワインの特徴をしっかり味わえるカベルネ・ソーヴィニヨンだ、という人が多いと聞きます。
この品種の赤ワインはどっしりとした、いかにも赤ワインらしい味が魅力です。
カベルネ・ソーヴィニヨンはフランスのボルドー地方の主要品種で、シャトー・マルゴーなどの最高級ワインの原料となります。

ボルドーでは他の品種とブレンドしてよりバランスのとれたワインを造っていますが、カリフォルニアやオーストラリア、チリなどではカベルネ・ソーヴィニヨンだけを単一で使用することが多いです。
この品種のぶどうは青みを帯びた黒っぽい小粒のぶどうで、果皮は厚く種子にタンニンが多く含まれています。
色の濃いワインが出来ますが、色は強い赤から熟成が進むにしたがって深いガーネット色に変わっていきます。
バランスの良いボルドーもよいですが、カベルネ・ソーヴィニヨンそのものの味を知ろうとするのなら、単一品種で造るチリ産などのワインの方が分かりやすいかもしれません。

香りはカシスやチョコレート、その他エンピツの削りかすや杉のにおいがする、とも言われています。
葉巻の箱のにおいがする、と表現する人もいるようです。
味わいの特徴としては、タンニンの強さが挙げられます。
若いワインではタンニンの渋みがストレートに感じられ飲みづらいかもしれませんが、熟成がすすむにつれてタンニンと酸味が絶妙なバランスをかもし出してきます。
これからワインの世界に入ってみようとしている人は、まずカベルネ・ソーヴィニヨンから飲んで「赤ワインとはどんなワインなのか」を舌で覚えるとよいかもしれませんね。