ワインの選び方・楽しみ方 > ワインとチーズ

ワインとチーズ

ワインのおつまみ(という言い方はしないかもしれませんが)と言えば、やっぱりチーズでしょう。
チーズとワインはこの上ないほどベストマッチな取り合わせなのです。

なぜチーズとワインの相性がよいのか、それはその土地の気候や風土に合ったものが造られているという点で共通しているからかもしれません。
ヨーロッパではひとつの村にひとつのチーズがある、と言われているほど、多様なチーズが存在しています。

ここではナチュラルチーズの分類と、それぞれに合うワインを紹介したいと思います。
●フレッシュタイプ
クリームチーズ、モッツァレラチーズ、カッテージチーズなど牛乳を乳酸菌や酵素で固めて水分を除いたものです。
熟成されていないのでさわやかな風味とほのかな酸味があり、フルーティーなワインがよく合います。
●白カビタイプ
表面に白カビを植え付けたチーズで、表面から中心に向けて熟成が進み、段々中の方まで柔らかくなっていきます。
カマンベールチーズがよく知られています。
すっきりタイプのワインが合います。
●青カビタイプ
ロックフォール、ゴルゴンゾーラなど、チーズの中に青カビを植え付けたものです。
塩味や刺激が強いので好みが分かれるチーズですが、クセになるという人も多いチーズです。
合うのはコクのある赤ワイン、また甘口のワインも意外に合います。
●セミハードタイプ
ゴーダチーズ、チェダーチーズなどチーズをプレスすることで水分を抜き、保存性を高めたチーズです。
軽めのワインがよく合います。
●ハードタイプ
セミハードタイプよりさらに水分が少なく、長期間熟成させます。
パルミジャーノ・レッジャーノなどは聞いたことがあるでしょう。
よく熟成されたものはうまみが高まります。
コクのあるワインや酸味のあるワインが合います。
●ウォッシュタイプ
チーズの表面を塩水やブランデーで洗ってチーズを細菌から守りながら造られます。
独特の風味があり強いにおいがありますが、コクがありまろやかな味です。
フルボディーの赤ワインがおすすめです。
●シェーヴィルタイプ
山羊乳で造られたチーズです。
若いうちは酸味、クリーミーさがあり、熟成が進むとコクや旨味が出てきます。
辛口の白ワインや軽めの赤ワインが合います。