ワインの選び方・楽しみ方 > 和食に合わせるワイン

和食に合わせるワイン

日本人にとって今もっともポピュラーなアルコールと言えば、やはりビールでしょうか。
でも和食に合うアルコールと言えば日本酒、ですよね。
日本酒も料理との組み合わせがおいしくいただく大きなポイントとなります。
そのような点で日本酒とワインは似ているかもしれません。

ところで和食に日本酒が合うのはもちろんですが、意外にワインも相性がよいということを知っていましたか?
ワインは洋食に合わせるお酒、ばかりでなく、今ではお寿司屋さんや料亭でもワインを多数揃えているところが多いです。

和食は洋食に比べ全般的に味が淡白で繊細なので、白ワインを合わせることが多くなります。
白身魚の刺身や貝類などには、キリッと辛口の白ワインがぴったり合います。
ただし甘口の白ワインをお刺身に合わせてしまうと、白ワインのフルーティーな甘さが魚の生臭さを強調してしまうこともあるようです。

一方の赤ワインですが、こちらも相性のよい和食メニューはあります。
マグロの刺身や握り寿司には赤ワインがとてもよく合うのです。
しょうゆと赤ワインの相性もぴったりです。
料理の色とワインの色を合わせる、という基本がここでも生きてくるわけです。
チーズとワインの組み合わせがピッタリなように、上等なマグロの刺身を食べたあとに上級の赤ワインをクッと飲むと、口の中になんとも言えないまろやかさが広がります。

「和食にワイン?」と不信感を拭えない人も、ぜひ一度お試しください。
ワインの楽しみ方が広がるかもしれません。