ワインと料理

「魚料理には白ワイン、肉料理には赤ワイン」これは普段ワインを飲まない人でも知っている話でしょう。
このように料理にワインを合わせるときは、そのメニューとワインとの相性を考えて選ぶようにすると、ワインが料理の味をより引き立てておいしく食事を楽しむことができます。
昔から言われている「魚には白、肉には赤」という組み合わせは、素材で見れば基本なのですが、その他の点にも着目してワインを選びたいものです。

まず魚のような淡白な味には白ワインのさわやかさがぴったり合いますし、脂肪の多いこってりした肉料理には赤ワインのタンニンが脂っぽさをやわらげてくれます。
「魚には白、肉には赤」という基本を言い換えると、素材の色とワインの色を揃えると相性がよい、ということになります。
例えば、白身の魚ならもちろん白ワインが合いますが、赤身の魚であれば赤ワインが合うこともあります。

次に調理法で選ぶ場合ですが、どんな素材でも調理法によって味や全体の風味が変わってきますので、ワインを「料理のソース」で選ぶことも大切です。
素材が魚でも、こってりしたソースで仕上げられていれば軽い赤ワインが合いますし、逆にあっさり味の肉料理であれば白ワインが合うでしょう。
「あっさり味の料理には白ワイン、こってり味の料理には赤ワイン」と考えるとよいでしょう。

そして料理とワインの組み合わせをぴったり合わせる工夫として、同じ地方に揃えるという方法があります。
例えばブルゴーニュ産エスカルゴの料理をいただくときにはブルゴーニュのワインを、と地方料理を注文する際にはワインもその地方のものに合わせましょう。

では家庭で統一性のないメニューにワインを合わせたい場合はどうしたらよいのでしょうか。
家庭では和洋中の料理がテーブルに一緒に並んだり、肉と魚の両方が出てきたりということが少なくないでしょう。
このように統一性のないメニューが並んでいる場合、個性の強くないカジュアルなタイプのワインを選んでおくのが無難です。