ワインの選び方・楽しみ方 > 何種類か飲むときは?

何種類か飲むときは?

ワイン好きがそれぞれワインを持ち寄るパーティーやレストランでワインを何本か頼もうとした場合、どれから飲むのかちょっと気をつけておきたいことがあります。
コース料理をいただくときも、さっぱりとした前菜から段々とコクのあるメインへ、最後には甘いデザートで締める、という順番があるように、ワインもそれぞれの特徴を十分に味わうために飲む順番には気を使いたいものです。

基本的には軽いタイプのものから重いタイプのものへと替えていくとよいでしょう。
逆に重いタイプのワインを先に飲んでしまうと、後から飲んだ軽めのワインが余計軽い味に感じられ物足りなさを覚えます。
また年代は若いものを先に、古いものを後から飲むようにしましょう。
若いワインはフレッシュさが魅力です。
その風味を味わった後に熟成された味の濃い古いワインを飲んだほうが、若いワインの良さがよく感じられます。
また手頃な値段のシンプルなワインは、上質なワインより後に飲むと味が薄っぺらく感じられるので注意しましょう。

持ち寄ったワインに辛口、甘口があるなら、先に辛口を、後から甘口のワインを飲むようにしましょう。
甘口ワインのあとに辛口ワインを飲んでしまうと、辛さを余計に強く感じてしまい、辛口ワイン独特のふくよかな風味を感じにくくなってしまいます。
色で言えば、白ワインから赤ワインへと替えていくとよいでしょう。
白ワインのフルーティーさを存分に味わってから味の濃い赤ワインを飲むと、それぞれの良さをきちんと味わうことができます。

さてワインを飲むときの基本的な順番をお話しましたが、これも基本に過ぎず、食前酒として甘めのワインを飲み、食後に辛口の酒精強化ワインを楽しむこともあります。
ワインパーティーでは最後の最後においしかったワインをもう一度楽しむ、ということもあるでしょう。
必ずしていただきたいのは、ワインの種類を替えるときは、グラスを洗ってから注ぐか新しいものに取り替える、ということです。