ワインの分類

日本人にもっとも親しまれているアルコールと言えばビールや発泡酒ですが、毎年ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日である11月第3木曜日になると盛り上がりを見せ、わが国日本でもワインファンは増えて来ているのかな、と感じます。

実は日本は世界のボージョレ・ヌーヴォー総輸出本数の約半数を輸入しているという、世界最大のボージョレ・ヌーヴォー輸入国だそうです。

ワインなんてさっぱりわからない、という人でも、ボージョレ・ヌーヴォーという言葉は聞いたことがあると思います。

日本人は初ものを好む性質があるため、このボージョレ・ヌーヴォー解禁が11月の恒例行事になったのかもしれません。

さて、ワインと一言に言っても数え切れないほどの種類があり、すべてを飲み比べて自分に合ったものを探すのはとても困難です。

しかし「ワインは奥が深くて難しい」と敬遠してしまう前に、簡単なところからワインの知識を増やしていってみてはどうでしょう。

ここでは、製法によるワインの分類についてお話したいと思います。

●スティルワイン
非発泡性ワインとも言い、もっとも一般的なワインです。

赤ワイン、白ワイン、ロゼワインの3つがあります。

●スパークリングワイン
発泡性ワインと言われ、炭酸ガスが溶け込んでいて泡の立つワインです。

スティルワインに酵母と糖分を加え、二次発酵させることで炭酸ガスをワインに含ませます。

1本ずつ瓶の中で二次発酵させる方法をシャンパン方式と言いますが、有名なのはフランス・シャンパーニュ地方で造られたシャンパンです。

シャンパン以外のスパークリングワインは、イタリアではスプマンテ、ドイツではシャウムヴァイン、フランスではヴァンムスーと呼ばれます。

●フォーティファイド・ワイン
酒精強化ワインとも言い、醸造の途中でアルコールを添加し、アルコール度数やコク、保存性を高めたワインです。

シェリーやポートワイン、マデイラなどがそうです。

●フレーヴァード・ワイン
スティルワインに薬草などを加えたワインです。

イタリアのヴェルモットが代表的です。

一般的に、カクテルの材料や食前酒として用いられることが多いようです。

このほか、ぶどう以外の果物を圧搾して果汁を絞り発酵させて造ったフルーツワインなどがあります。
これらは果物の風味と甘さを生かしたフルーティーな味わいで、気軽に楽しめるものが多くなっています。